キレイをつくるレシピ
キレイはつくることができる!をテーマに、「美しくなりたい」という気持ちをかなえる情報を書いていきます。

決して約束を忘れない甥っ子

4月 15th 2012 in 健康

私には3歳になる甥っ子がいます。
電車がとにかく大好きで、最近は3歳とは思えないほど電車の名前や特徴を語るようになりました。
以前は近くに住んでいたので、会うたびに電車の話ばかり聞かされていました。
しかし、今は私が引っ越したため滅多に会えなくなってしまったのです。
もう電車の話も聞けなくなるなと、少し寂しくもありました。
しかし甥っ子は、遠く離れた土地にいる私が普段利用している電車が気になって仕方ないようなのです。
週に何度も電話をかけてきては、何に乗っているか、何色なのか、速度は速いのかなどをしつこく聞いてくるようになりました。
私は普段利用する電車から、出先で乗った電車まで全て写真を撮ってメールで送ってあげるようにしました。
すると、その中でも成田エクスプレスが気に入ったようで、僕も乗りたいと騒ぐようになってしまったのです。
そんな甥っ子が可愛らしく思えて、今度乗せてあげると言ってしまいました。
これが大きな間違いだったようです。
ここ数日、いつ乗りに行くのかと毎日電話がかかってくるようになってしまいました。
子供相手だからと、適当に約束したのは失敗でしたね。
今度会うのは半年後。
きっと、それまで甥っ子はこの約束を忘れる事はないでしょう。


Comments are closed.

7歳になる娘は3歳くらいの時まで、ひどいアトピー性皮膚炎でした。
当時、我が家はアパートで3人暮らしでした。
そのアパートは敷地内に各家庭に供給する大きな水道用タンクがあったのですが、かなり老朽化しており、汚れていました。そのため朝、水道の蛇口をひねると赤いさび付いた水が流れ、風呂用の水は時折、砂が混じることもあったのです。
娘は産まれてまもなくそのアパートに住み、その水を飲み、そのお湯で風呂に入っていました。すると1歳もしないうちに体を痒がるようになり、特に風呂上りや寝る前など、体が熱くなるとすぐにかいていたので、背中やひじ・ひざ等の関節はよく血が出ていました。
病院へ行って何度も診てもらいましたが、薬として渡されるのはいつもステロイド剤です。
妻ははじめステロイド剤に強い抵抗感があったのですが、痒くて泣き出す娘に、仕方なく塗るしかなかったようです。すると、痒みは多少落ち着くのですが、塗った箇所だけ体が黒ずんできてしまいました。薬を塗らなければ、かきすぎて血が出て、乾燥すると白い粉が出てきてしまうため、塗る塗らないにかかわらず、良いことなどなかったのです。
そんな矢先、息子が誕生し、アパートでは手狭なことから新築に引っ越すことになりました。新居での生活がスタートすると、娘のアトピーはだんだんと治っていきました。今でも多少、関節部分を痒がるときもあるのですが、以前からみれば、かなりましです。
やはりあのアパートの水だったのか、と娘には本当に申し訳なく思っています。

http://uhinys.info/

Next Entry

Recent Comments
  • No comments
Categories
Blogroll